最新の歯科治療の技術

歯科に関することについて。 歯医者と聞くと本当に気分が乗らない場所ですね。幼い時から良く通っていた私としては、いつもイヤな思い出ばかりで治った際には今度こそ二度と来ないと思うのですが、どうしてもまたお世話になってしまう場所であります。そんな中、痛くない治療をする歯科はかなり増えてきていますが、最初に塗り麻酔で麻痺をさせておいてその後、従来と変わらない注射をするなど、確かに昔に比べては遥かに医学が進歩していると思いますが、それ以上に進化している歯科があるのです。

虫歯のある場所に薬を塗り、簡単に言うとその虫歯部分だけがその薬が反応して柔らかくなり、器具で取ると言うまさに削ると言う治療がないのです。もちろん、あまりに進行している虫歯には不可能の場合もありますが、削り詰めると言う治療は良くないと言われ初めているのです。その詰め物と歯の間に隙間がどうしても出来始め、虫歯の再発が大きくなる原因なのです。精神的負担もなく本当に有難い治療法です。小さい子供から大人までやはり、あの削る音は不快な物ですね。この様な技術が出てきている事に更なる最新の技術を期待したい物ですね。ですが、この治療法を知ってから大分足を運ぶのが軽くなりました。

注目情報



Copyright(c) 2022 歯科に関することについて。 All Rights Reserved.